スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

著者:スポンサードリンク
  • カテゴリー:-
  • -
  • -
  • -
  • -

喋る株主総壊第四章




でした。来て頂いた皆様、出演頂いた皆様有難う御座いました。


冬も本番になってきて、なかなか世話しなく過ごしておりますが皆様はいかがだろうか、おじさんは最近下血が止まらずたまらない気持ちです。

先週から持ちなおさないなぁ。




出演はこのようになっておりました。

滑稽のドア
ThreeQuestions
Plat Home Nine
THE WEMMER(from静岡)
SOULSTAR MIURA with JUSTALITTLEBITS ORCHESTRA
THE FUZZ ACT


THE FUZZ ACT

本当に久々の体バンでして、前回よりギターがエグい感じになってて全体に聞きやすくなってました、バーンっと男らしい感じのバンドはあんまし最近いないからいいなぁとか思いつつ。今回はギリギリでのオファーでしたが快く出演してくれて有難う!!


Plat Home Nine


こちらは随分前にオファーさせて貰って即快諾して頂きまして、本当に心強かったです、音の出し方にこだわっていて、本当にデカケレバいい歪めばなんとかなんだろうとゆう僕らのスタンスの浅はかさ、色々勉強になりました、そしてオファーの際に色々迷惑をかけてしまったから次回会った時にお詫びさせて貰おうと思ってます、本当に有難う御座いました!


THE WEMMER(from静岡


ここはもう鉄板だろうなって思ってましたがやはり鉄板でした、ロッキーくんのベースがサンダーバードかな?になっててあのエグいベースはどこにいったのか気になる所です、そしてTHE WEMMERは人身事故の影響でリハが間に合わない我々の代わりに遠征で疲れてるだろうに1番目からリハを買って出てくれてあのイベントを救ってくれました、本当に重ね重ね有難う!!


ThreeQuestions

昨年度以来二度目の出演でした、三人になって逆に気持ちが揃った部分もあるのかなぁとか思って見てました、内藤くんの歌の世界ってのは歳をとればどんどん片っ端から見落としていくような世界で、それを大切にやり続けるってのは簡単じゃないなぁとか思いつつ、、僕も大概に薄ら汚れているのでそんな自分を振りかえれたライブでした、そして打ち上げ楽しかったな。有難う御座いました!

SOULSTAR MIURA with JUSTALITTLEBITS ORCHESTRA


コピーアンドペーストする以外にしっかりバンド名を入れられる自信がないソウルスターさんですが、案外長い付き合いになってきたかもしれない(笑)いつも見に行く時は大所帯のやり方とか参考にさせて貰ってて、派手なのは勿論良いんだけど、しんみりしたナンバーがあんまりにお酒が美味しくなっちゃうんでたまらないなぁとか思いながら見てました、歳も近いし、またちょくちょくやりましょうね、やっぱり最高でした!有難う御座いました!



さて、んなわけで我々滑稽もあと今年も1日。


気合い入れてやる前にこの下血をなんとかしたい2013冬。



ギャラクシー終わるまで今年は一切振り返らず最後までやり切ります。



さて振り返ってみれば色々な事がありました。


あんな事やこんな事、あったようななかったような、えぇえぇ、遠征したり、捕まったり、ギター2本折れたり、下血が止まらなかったり、仕事変えたり、野田サリーの音源出したり、ライブやってライブやって。振り返ってみれば僕も生まれてからもう30幾つと散々な歳になり、少年の頃などはまだまだ緑豊かな街並みで、ザリガニを釣ったり、酒蓋で駒を回したり、そうですね、我々の頃ですとまだギリギリメンコなどもやっていた世代でありました、そして振り返る事、30年前、ついにファミリーコンピューターが発売、と。それはそれは感動した記憶があります、ソフトなどはゴルフ、麻雀しかなかった時代で御座います、あの腐れマ◯オ的な髭のじじいが棒切れ振り回してなんか打ってみたいな、当然BGMなども一切無かったのですがちょうど小学生になったかならなかったかの私は『テレビの中を動かせる』そうゆう事に対する異常な感動をしていたように思います、麻雀やってたしね、ルール知らないのに、意味不明に、あれ馬鹿だよねそんな子供15時間くらい普通にルールも勝ちも負けもわからないのになんか弄ってたからね、馬鹿だよね、まぁ自分なんだけどさ。そしてそんな少年の頃、1番感動した事とは何かと今振り返ると、些細な事だけれど揚羽蝶が目の前でみかんの木に卵を産みつけているのをずっと眺めてたり、紫陽花の壁のような道を雨上がりの中、カタツムリを沢山眺めて帰ったりといった事だったのかもしれません、小学5年の頃ですか、学校の泊りがけの旅行で当日一緒にいた野末くんが股間を押さえながら僕の目の前でおま◯◯みてぇお◯◯◯みてぇとずっと叫んでたのも良い、、、、、いやあんまいい思い出じゃねぇな、、。しかしながらこの小学生の頃ついに私も音楽の原点ともいえる出会いを果たす訳です、まぁ皆さん音楽的なルーツがあると思います、特にバンドマンなんて案外幼少期に恵まれた音楽を聞く機会が多かったり、僕も皆さんと同じようにありがちなルーツでしたね、










吉幾三でした、えぇきっとこの世代の85〜95パーセントくらいは吉幾三だったんじゃないですかね、えぇ幾三をね、水商売のくたびれた母親が酒臭い息をしながら男に捨てられて寝てる横で電気のつかない部屋で延々とラジオから流れる吉幾三、吉はテレビもねぇラジオもねぇ、叫んでましたが我が家はついでに金もねぇし笑顔もねぇ感じでしたね、えぇ、体育座りで薄暗い部屋の中での幾三パワーリピート。隣にきたねぇババアが寝てる横で幾三リピート。実に恵まれた音楽環境で育ちました、夢が溢れてる家族を思えば頑張れるはずさこの町で暮らそう、皆住む町で行こうみんなでワークマン、そういった感じ振り返り過ぎた。




世界全ての人の最初で最後の2013はあとちょいです。



な!!!


著者:ミケラ

スポンサーサイト

著者:スポンサードリンク
  • カテゴリー:-
  • -
  • -
  • -
  • -
コメント
 
この記事のトラックバック
この頁の先頭へ戻る

2018の月表

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

自己紹介

総記事数:122件
最終更新日:2015/02/10

選出した記事

文書保管処

新しいコメント

リンク

記事検索

その他

携帯用

qrcode

サービス提供元

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR